FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

そろそろ新しいアマゾン本を書きたいです

お陰様で、アマゾンで「れがしーなOS」シリーズを UNIX カテゴリーで TOP10 に入ったり、著者が予想してるよりずっと好調で、とても驚いてます。今度のゴールデンウィークは10連休なので、その時書きたいと思ってます。内容は MULTICS OS か Apollo DOMAIN Aegia に関して, どちらかに関して。または UNIX V1 の発掘の経緯・・・MULTICS エミュレータはラズパイで動いているのですが、DOMAIN/OS に関しては PC/MAC で動いて居る...

続きを読む

MULTICS OSに関して

もう一つ本のネタを探しました。UNIX のご先祖様に MULTICS ってOS が有りました。こちらはプロジェクト自身が巨大化して、AT&T が撤退。MULTICS プロジェクトに参加していた デニス・リッチーとケン・トンプソンの二人がその反省を元に作ったのが UNIXでした。2014年ころ MULTICS が動いていたa software simulator for the Multics 6180 CPU  が MULTICS をブートして PL/1 プログラムをコンパイル・実行出来たそうです。こ...

続きを読む

UNIX v1 などの初期のバージョンに関して

なかなか最近本になるネタ探しが進んで無かったのですが、面白い UNUX ネタを見つけました。The Restoration of Early UNIX Artifacts (初期 UNIX の回復)ってタイトルの論文を見つけました。V1 UNIX が失われそうになったのを、UNIX 開発者 Dennis M. Ritchie(dmr) が回復プロジェクトの推進者を手伝って回復した物語でした。推理小説を読むような感じで、一難去ってまた一難と一筋縄では行かない困難さを克服して V1 UNI...

続きを読む

「ラズベリーパイで試す UNIX V6, V7, 2.11BSD」修正

ご指摘をうけまして、 2.11BSD のインストールで HDD の構造が正しく設定されず、パーティションが正しく切れない事が分かりました。これは SIMH の起動ファイル 211bsdtapeinstall.ini でset cpu 11/44 1Mshow cpuset rp0 RP06attach tm0 211bsd.tapattach rp0 root.dskboot tm0 赤文字の一行を追加する必要が有ります。こちらを使っていただければ正しくパーティションが切れるはずです。...

続きを読む

ラズベリーパイで試す UNIX V6, V7, 2.11BSD マイナー改定 と修正

「ラズベリーパイで試す UNIX V6, V7, 2.11BSD」に関して OS のキットがダウンロード出来てませんでした。購入頂いた方にお詫びいたします。V6 : http://doc.cat-v.org/unix/v6/operating-systems-lecture-notes/v6/dist.tap2.11BSD : http://www.tuhs.org/Archive/Distributions/Boot_Images/2.11_on_Simh/211bsd.tar.gz...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。