FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4.3 BSD UNIX

UNIX 4.3BSD の OS, 文書の入手に関して。

a. OS の入手
複数のファイルに分かれているので、それをテープキットにします。以下のサイトから
ftp://www.tuhs.org/UnixArchive/4BSD/Distributions/4.3BSD/ から

ingres.tar.gz
miniroot.gz
new.tar.gz
rootdump.gz
srcsys.tar.gz
src.tar.gz
stand.gz
usr.tar.gz
vfont.tar.gz

を取得します。

以下の内容をテープキット作成スクリプト Mkdisttap.pl として保存します


#!/usr/local/bin/perl -w
use strict;

# Based on mkdisttap.pl
# ftp://ftp.mrynet.com/pub/os/PUPS/PDP-11/Boot_Images/2.11_on_Simh/211bsd/mkdisttap.pl

#
# $Id: mkdisttap.pl,v 1.1 2006/09/16 23:33:46 kirk Exp kirk $
#

# Based on the example in the HOWTO using dd. Does not work!
# add_file("cat mtboot mtboot boot |", 512);

# Based on the maketape.c program and the maketape.data data file.
add_file("stand", 512);
end_file();
add_file("miniroot", 10240);
end_file();
add_file("rootdump", 10240);
end_file();
add_file("srcsys.tar", 10240);
end_file();
add_file("usr.tar", 10240);
end_file();
add_file("vfont.tar", 10240);
end_file();
add_file("src.tar", 10240);
end_file();
add_file("new.tar", 10240);
end_file();
add_file("ingres.tar", 10240);
end_file();
end_file();

sub end_file {
print "\x00\x00\x00\x00";
}

sub add_file {
my($filename, $blocksize) = @_;
my($block, $bytes_read, $length);

open(FILE, $filename) || die("Can't open $filename: $!");
while($bytes_read = read(FILE, $block, $blocksize)) {
if($bytes_read < $blocksize) {
$block .= "\x00" x ($blocksize - $bytes_read);
$bytes_read = $blocksize;
}
$length = pack("V", $bytes_read);
print $length, $block, $length;
}
close(FILE);
}



miniroot から初期ブートするためのプログラム boot42 を以下からダウンロードしてラズベリーパイの作業領域にコピーします。
boot42

b. VAX 11/780 エミュレータ SIMH
SIMH (V3.9-0) updated 03-May-2012

c. BSD の内部に関する書籍
The Design and Implementation of the 4.3 Bsd Unix Operating System
44bsd.jpg

中古でしか手に入らないですが、4.3 BSD の実装が詳細に書かれてます。こちらの邦訳はUNIX 4.3BSDの設計と実装 単行本 – 1991/7 となります。中古本で流通してます。

4.4BSD オペレーティングシステムの設計と実装第二章が公開されてます。


e. SIMH のテープブート・インストール用の設定ファイル install.ini として保存する


set rq0 ra81
at rq0 miniroot
set rq1 ra81
at rq1 rq.dsk
set rq2 dis
set rq3 dis
set rp dis
set lpt dis
set rl dis
set tq dis
set tu dis
att ts 43.tap
set tti 7b
set tto 7b
load -o boot42 0
d r10 9
d r11 0
run 2



f. SIMH の通常起動の設定ファイル boot.ini として保存する


set rq0 ra81
att rq0 rq.dsk
set rq1 dis
set rq2 dis
set rq3 dis
set rp dis
set lpt dis
set rl dis
set tq dis
set tu dis
att ts 43.tap
set tti 7b
set tto 7b
load -o boot42 0
d r10 9
d r11 0
run 2



g. SIMH の通常起動の設定ファイル boot2.ini として保存する


set rq0 ra81
att rq0 rq.dsk
set rq1 dis
set rq2 dis
set rq3 dis
set rp dis
set lpt dis
set rl dis
set tq dis
set tu dis
att ts 43.tap
set tti 7b
set tto 7b
set dz lines=8
att dz 8888
set dz 7b
load -o boot42 0
d r10 9
d r11 0
run 2



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。