記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPS-20

DEC PDP-10 OS TOPS-20

DECSYSTEM-20_KL-10_(1974).jpg


a. OS の入手
http://pdp-10.trailing-edge.com/ はかなり大規模な PDP-10 のソフトのアーカイブです。

この中に、 TOPS-20 V7.0 のインストール・キットのテープ・イメージ ファイルがありまして、
BB-H137F-BM TOPS-20 V7.0 INSTL 16MT9 とラベルしてあるものです。
http://pdp-10.trailing-edge.com/tapes/bb-h137f-bm.tap.bz2
ここから入手して下さい。

b. PDP-10 エミュレータ KLH10
http://panda.trailing-edge.com/panda-dist.tar.gz
こちらには TOPS-20 のハードディスクイメージも含まれているお得なセットです。

ソースコードへのパッチです。本には makefile の修正は書いてますが、こちらの2つのパッチファイルも利用出来ます。
patch1.patch
$ cd ~/TOPS20/panda-dist/klh10-2.0h/bld/lnxarmpi
$ patch -p0 < patch1.patch


patch2.patch
$ cd ~/TOPS20/panda-dist/klh10-2.0h/src
$ patch -p0 < patch2.patch


c. TOPS-20 関する情報
1. Wiki
2. PDP-10 の大規模な文書サイト
3. TOPS-20 に関する文書
4. 開発者本人の TOPS-20 の歴史


スポンサーサイト

コメント

DEC TOPS-20

伊藤様

DEC SYSTEM TOPS-20 は、大学生の時に体験した懐かしき素晴らしいOSでした。

この本を読んで、私もRaspberry PI で体験しようとしましたが、./inst-klt20 の途中で Interrupt at 1が発生してしまいます。
何か原因の予想はつくでしょうか?

---------------
NO EXEC
MX>GET FILE MAT0:
?
MX>GET FILE MTA0:
?
MX>START

Interrupt at 1
---------------

エミュレータのビルドのmakefileの修正の赤字の削除する部分は、 -DKLH10_DEV_LITES=1 の誤りですよね。

Re: DEC TOPS-20

YUKI さん、はじめまして。

お買上げありがとうございました。それから初めて読者の方からのお便りでとても嬉しいです。
ご指摘の通り、Makefile の修正が間違っておりました。新しい版で修正致します。ありがとうございました。

さて問題の箇所ですが、確認頂きたいのが
ブートする途中でテープが正しくマウントされておりましたでしょうか? 
以下のメッセージが出ていれば大丈夫です。
--------------------
KLH10# devmount mta0 tapes/bb-h137f-bm.tap
Mount requested: "tapes/bb-h137f-bm.tap"
[Creating RP07 disk file "RH20.RP07.1"]      
[mta0: Tape online]
-------------------
よろしくお願いします。

Re: DEC TOPS-20

早々、ご返事頂きありがとうございます。
テープは、マウントされてました。

もう一度、確認しながらやってみようと思います。

-------------
KLH10# ; Mount installation tape (no ucode or boot to skip)
KLH10# devmount mta0 tapes/bb-h137f-bm.tap
Mount requested: "tapes/bb-h137f-bm.tap"
[Creating RP07 disk file "RH20.RP07.1"]
[mta0: Tape online]
KLH10#
KLH10# ; Load tape bootstrap directly
KLH10# load mtboot.sav
Using word format "c36"...
Loaded "mtboot.sav":
Format: DEC-CSAV
Data: 4067, Symwds: 0, Low: 040000, High: 054641, Startaddress: 040000
Entvec: JRST (120 ST: 0, 124 RE: 0, 137 VR: 0,,0)
KLH10#
KLH10# ; Now ready to GO
KLH10# [EOF on inst-klt20.ini]
KLH10# go
Starting KN10 at loc 040000...

BOOT V11.0(315)

MTBOOT>/1


?BOOT: Unknown switch

MTBOOT>/I


BOOT version: 11.0(315)
Microcode version: DX20A: 10(74)

MTBOOT>/l

[BOOT: Loading] [OK]

MTBOOT>/g143
-------------

kindleのフォントで、「1」「I」「l」の区別がよくかかりませんでした。補足説明があれば親切だと思います。


Re: DEC TOPS-20

YUKi さん、こんばんは。

> kindleのフォントで、「1」「I」「l」の区別がよくかかりませんでした。補足説明があれば親切だと思います。

あ!その通りですね。ご指摘の区別を加えて、新しい版を用意します。

ところで、インストール始まってる感じですね。良かったです。 TOPS-20 は今回始めて使ってみましたが、素晴らしいです。その他、プログラミング言語の宝庫で1970年台後半の珠玉の逸品 OSです。今でも十分楽しめて、奥が深いです。

ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。